ェーィーアーッ
small-pig:

CuteLegs -脚フェチ画像- 脚フェチにもいろいろあるけどやっぱり基本の黒パンスト
abcbabcba:

kagurazakaundergroundresistance:

aurorae:

ymd:

bcardoso:


hxsxy:

all i feel by ~corollary on deviantART
(via woool)
「手抜きは悪」みたいな人に叱られることもあるんですけど、私はその人に認められるために生きてる訳じゃないので気にしないです。私が頑張って、頑張り過ぎて倒れてもその人が助けてくれる訳じゃないです

赤穂藩浅野家家臣は士分だけでも300名以上いたが、このうち討ち入りに参加したのは46名で(寺坂は士分ではなく足軽身分)、8割以上が討ち入りに参加していない。討ち入りに参加した藩士が義士として称えられれば称えられるほど、その反動として、討ち入りに参加しなかった者とその家族に対しては幕末まで厳しい批判が向けられることになっていった。討ち入りに参加した浪士の子弟らは各藩から争って招聘される一方、脱盟者で後に仕官が適った者は大石信興以外には確認されていない。小山田庄左衛門の父小山田一閃は、息子が同志の片岡高房から金を奪って逃げだしたことを恥じて自害しており、また岡林直之も兄の旗本松平忠郷から義挙への不参加を責められ切腹させられた。旗本内田家の養子に入ったはずの高田郡兵衛も悪評に耐えかねた養父内田元房に家を追い出されるなどしている。元赤穂藩士たち、およびその子孫は町人からさえ「義挙に加わらなんだ不忠者」と蔑まれ、味噌、醤油さえ売ってもらえず、出自を隠して変名を名乗るほかなかったとも伝えられる。

ただし、江戸時代に同様の事件で改易、取り潰しにあった大名家の家臣で徒党を組んで正面切った意趣返しをしたのは本件だけであり、その他の浪人に対し討ち入りをしなかったとして倫理的な批判が向けられたわけではない。

また、「不忠臣」と呼ばれるが、討ち入りを事前に密告した者はいなかった。

たまった脂肪を燃やす技

今回実験で、誰もが毎日するあの行動が
脂肪燃焼のカギであることを突き止めました!

実験に協力してもらったのは体型がほとんど同じ双子の兄弟。
異なる条件の部屋に分かれてもらいました。
弟にはおなかをすかすために、料理の番組や雑誌が用意された
部屋に入ってもらいます。おなかがすくと血糖値が下がり、
蓄えられていた脂肪が燃焼されるはず、という理屈です。
もう1つの部屋に入ったお兄さんが見たのは・・・
ベッド。つまり、ただ寝てもらうという実験です。

実験から、ぐっすり寝てもらった兄の方が脂肪を
燃焼している結果になりました。
なぜこのような違いが出たのでしょうか?

その違いは肝臓のある能力のおかげでした。
昼間、肝臓は活発な脳のために糖を使ってエネルギーをつくります。ところが、夜寝ると脳はそれほどエネルギーを必要としません。すると肝臓は脂肪をつかって心臓のためのエネルギー(ケトン体)をつくるモードに切り替わるのです。

昼夜で肝臓が異なる役割を果たしていたとは驚きです。
つまり、ちゃんと寝ないで、ムダに夜更かししていると、本来肝臓が燃やすはずの脂肪が燃えないのです。

hkdmz:

pirozhki:

kagurazakaundergroundresistance:

hageatama:

tholly98:

uessai-text:


raikoudengeki:


n13i:

三人あわせてPerfumeです 続・妄想的日常
「飢餓の国には飢え死にする子供が何万人も・・・」
ちょっと考えてみよう。
なぜどんどん飢え死にしているのに、絶滅しないのだろうか?
それは「親は食えている」からである。
少なくとも、妊婦と相手がSEXして10ヶ月生きている食料はあるのである。
どんどん死んでも、いくらでもSEXして、
妊婦は食料にありつけているのである。
そうでなければ、とっくに絶滅している。そしてその両親は十歳ちょっと。
飢餓の国に食料を送ると、その食料で子供がSEXして、
どんどん生まれてくるのである。